注意点を知ろう | 猫のノミダニ対策はフロントラインを使用し、確実に行おう
容器が倒れて白い薬が溢れている

注意点を知ろう

フロントラインを使用し、自由で可愛い猫のノミダニ対策を行いたいと思った時には、知っておくべきことが有ります。
それはフロントラインを使用する際の注意点です。
フロントラインというのは非常に刺激の強い医薬品のため、使用する際には様々な点に注意を払う必要があるのです。

まずフロントラインのスポットオンタイプとスプレータイプのどちらにも共通する注意点として、薬液が直接目や口などの粘膜に接触しないようにする必要があります。
これらの部位に対して薬液が入ってしまった場合、痛みなどの症状が現れる場合もありますし、時には失明をしてしまったり、命を落とすような症状が現れてしまう可能性があります。
そして、スポットオンタイプの製品に関しては身体に薬液を垂らす際、グルーミングで舐めてしまう部位に薬液を垂らしてしまうと、粘膜に対して直接薬液が接触したのと同じ状態が発生します。
なので、スポットオンタイプのものを使用する際には必ず肩甲骨の間などの舌や足が届かない部位に対して使用するようにしましょう。

フロントラインは使用方法を守って使用することによって、非常に強い対策効果が期待できます。
ですが、誤った方法で使用してしまった場合は非常に危険な症状が現れる場合もあるので、用法用量はしっかりと守った上で使用するようにしましょう。